CFA 研究会

第7回コミック工学研究会発表会参加募集

投稿日:

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ・コミック工学研究会では、下記の通り、2022年3月16日(水)と3月17日(木)に、第7回研究会発表会を開催いたします。画像処理、データベース、人工知能、インタフェース、認知科学など、コミックを中心とした様々なモダンカルチャーコンテンツの工学的な利用についての技術、分析、応用に関わる研究発表を予定しています。

開催情報

■ 日時:2022年3月16日(水)、3月17日(木)
■ 会場:ハイブリッド開催(つくばイノベーションプラザ大会議室 + Zoom)
茨城県つくば市吾妻1-10-1

参加申し込みURL
https://forms.gle/Ejyrq8AiYnptRTdLA
参加申込締め切り:3月11日(金)

現地参加される場合の感染症対策のお願い

  • 会場の利用ガイドラインに従ってください(https://bit.ly/3tsnAt5
  • 対面での懇親会等は実施しません
  • 自主的な会合であっても研究会前後・最中(昼食)の集団での飲食は自粛ください
  • 会場では食事禁止となります
  • そのほかマスク着用等感染防止策に(会場・ローカルの指示に)従ってください

プログラム

発表20分、質疑10分

3月16日(水)

13:00-13:10 オープニング(相澤清晴)

13:10-14:10 画像処理(座長:松井勇佑)

  1. 三橋 力綺(立命館大学), 藤田宜久(立命館大学), 山西 良典(関西大学), 仲田 晋(立命館大学):CG線画に手描き線の特徴を反映させる試み
  2. Fanglu Xie(NTT Corporation),Mitsuhiro Goto(NTT Corporation),Hitoshi Seshimo(NTT Corporation):Disentangling Defect-Aware Aesthetic Features for Line Art Modification

14:25-15:25 招待講演(オーガナイザ:山西良典)

タイトル:アニメ「リトルウィッチアカデミア」の制作資料データセット公開について
講演者:舛本和也(株式会社トリガー),秋山 剛(株式会社プレイド),中山 英樹(株式会社ワクワーク)
概要:アニメスタジオ トリガーによるオリジナルアニメーション「リトルウィッチアカデミア」の映像制作にあたって作成された絵コンテ・シナリオ・キャラクター設定および原画・レイアウトの画像データをデジタルアセットとしてNIIより公開予定です。公開にあたってデータセットの制作の経緯と狙い、作業内容と今後の展望についてのプレゼンを実施いたします。

15:40-16:40 表現分析(座長:西原陽子)

  1. 杉田 莉子(明治大学), 小松 孝徳(明治大学), 中村 聡史(明治大学):コミックにおけるオノマトペの効果的な「不」使用方法についての考察
  2. 中村 剛士(中部大学), 兼岩 尭希(名古屋工業大学):ドラゴンクエスト呪文の音響特徴量による分類

3月17日(木)

11:00-12:00 コンテンツ分析(座長:中村聡史)

  1. 佐久間絢子(青山学院大学大学院),金子直史(青山学院大学大学院),林昌希(フリーランス),鷲見和彦(青山学院大学大学院):アニメ映像中の人物の行動・感情認識
  2. 迎山和司(公立はこだて未来大学),野寺由規(公立はこだて未来大学),蛯名紬(公立はこだて未来大学):MMPoseを用いたマンガキャラクタにおける姿勢推定の検討

13:00-14:30 企画セッション(オーガナイザ:三原鉄也)

タイトル:コミック・アニメ・ビデオゲームの工学的研究・データ活用を探る
概要:コミック工学研究会では、コミックをクロスモーダルな表現・コンテンツと位置付けて議論を重ねてきていますが、アジアを中心にコミックと隣接するメディアとして広く考えられているアニメ・ビデオゲームもまた同様にクロスモーダルなコンテンツであり、その工学的な知見の展開や応用について大きな期待があります。他方、これらは学術研究のためのデータ・情報資源の整備や活用が他分野に比べ遅れていることも共通しており、そうした課題も通じるところは少なくありません。本セッションでは、コミック(マンガ)・アニメ・ビデオゲームの各分野における資料組織化やデータ活用の研究者・実践者により、工学的研究やデータ活用に対する期待や課題について議論します。コミック/アニメ/ビデオゲーム、もしくは工学系/人文系などとつながるべきでありながら実際は分たれて議論されがちな分野をつなげることを目指します。

パネリスト:
・山川道子(株式会社プロダクション・アイジー)
・福田一史(大阪国際工科専門職大学 工科学部)
・山本美希(筑波大学芸術系)

14:45-15:45 情報表現(座長:永森光晴)

  1. 山西良典(関西大学), 西原陽子(立命館大学), 松下光範(関西大学):語彙の標本化と量子化によるあらすじの特性表現に関する基礎検討
  2. 坪田亘記(東京大学), 幾田光(東京大学), 白定勳(東京大学), 粟根啓太(東京大学), 小野直樹(東京大学), 松井勇佑(東京大学), 相澤清晴(東京大学):Manga109 validator: 統一的な漫画アノテーションのための形式チェック機構

15:45-16:00 クロージング(松下光範)

問い合わせ先:
コミック工学研究会研究会幹事MLcc-admin m.cs.osakafu-u.ac.jp(を@に変更してください)
主事:相澤清晴(東京大学) 、松井勇佑(東京大学) 、中村聡史(明治大学) 、三原鉄也(ITコンサルタント/(一社)コネクテッド社会研究機構)、永森光晴(筑波大学)

-CFA, 研究会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

第5回コミック工学研究会発表会参加募集

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ・コミック工学研究会では、下記の通り、2021年3月16日(火)〜17日(水)に、第5回研究会発表会を開催いたします。 画像処理、データベース、人工 …

第6回コミック工学研究会予稿集

予稿集一括ダウンロード セッション1:創作支援 鎌田  尚希(東京電機大学),武川直樹(東京電機大学):マンガストーリー制作支援に向けた議論ツールデザインの検討 日笠 敬大(慶應義塾大学大学 …

第2回コミック工学研究会予稿集

予稿集一括ダウンロード 会議報告については,こちらの記事をご覧ください. Session 1: リソース構築 1. 大石康介 (筑波大), 三原鉄也 (筑波大), 永森光晴 (筑波大) :メディアミッ …

第7回 コミック工学研究会発表募集

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ・コミック工学研究会では、下記の通り、2022年3月16日(水)と3月17日(木)に、第7回研究会発表会の開催を予定しております。画像処理、データベ …

コミック工学シンポジウム2021 参加募集のお知らせ

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ・コミック工学研究会では,下記の通り,2021年11月20日(土)にコミック工学シンポジウム2021の開催を予定しております。コミック工学シンポジウ …